ホーム > 鉄道探訪の部屋っ!

鉄道探訪の部屋っ!


管理人が今までに適当に乗った鉄道、駅etcを紹介するコーナーです。
とはいえ、基本は「写真撮らない乗り鉄」なので、紹介できるものは少ないですが。


(1) 神戸電鉄 菊水山駅(休止駅) 2005年3月に休止された駅。(2005年1月訪問)
(2) JR三江線 宇津井駅 JR西日本一(?)のローカル線。延々と続く階段を上らなければホームにたどりつけない駅。以前から興味があったので訪問しました。(2005年8月訪問)
(3) 一畑電鉄 ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅 日本一長い駅名(今のところ)の駅。(2005年9月訪問)
(4) 一畑電鉄 松江しんじ湖温泉 日本一長い駅名(今のところ)の駅の隣にある駅。(2005年9月訪問)
(ただいま作成中、今しばらくおまちください)



(1)神戸電鉄菊水山駅(休止駅)
利用者があまりにも少ない為、2005年3月末をもって休止されました。
周りに家が一軒もないので仕方ないのかなあ。休止扱いだが、再開されるとはとても思えん。
左の写真は上り線。
右の写真は下り線のもの。
管理人は、昔の神鉄には必ずあった、右の駅名標が好きです。下のほうの真中に書いてある「〜市〜区」と書いてるのが気に入ってます。
今のタイプ「写真左のもの」は阪急みたいで嫌です。まあ、阪急の子会社なので仕方ないですが。
下り線ホームから鈴蘭台方面を撮影。
1995年、写真右のトンネルを抜け、烏原川を渡り、菊水山トンネルを走る新ルートに変更されました。
左のトンネルは線路付け替え前まで使用していたトンネル。以前は左のトンネルをくぐって、烏原川の右岸を走ってました。
3000系が通過。
神鉄の電車の中で3000系だけなんだよなあ。4両固定編成しかないのって。
左・・・菊水山で降りた時にもらった連絡票
右・・・乗車した時、車内でもらった連絡票
(おまけ)
昔、菊水山で乗ると車内で買えた車内乗車券。
六甲登山口(現神鉄六甲)、阪急西灘(現王子公園)、道場川原(現神鉄道場)など懐かしい名前が・・・
ただ、武庫川団地前があるということは無茶苦茶古いものではないのかも。
新有馬が入っているのは、休止扱いだからか?
(あとがき)
出不精の管理人がなぜ訪問したかというと、小さい頃、家族、友人とよく烏原川に遊びに行った思い出があるからです。
写真、もっと撮ればよかったなと後になって思うのですが、これだけしか撮ってませんでした(^^;
当時は、西鈴蘭台、鈴蘭台発着の普通のみ(今もそうかもしらんけど)が停車していて、本数的には1時間に2本はあったのですが、今では、神鉄もパターンダイヤになってるようで、西鈴蘭台、鈴蘭台発着の電車があまりないようです。なので停車本数も極端に少なくなってたようです。
ちなみに当時とは、管理人が神鉄沿線に住んでいた1976年〜1989年の間のことです。
久しぶりに神鉄に乗ったのですが、1000系や3000系の走行音、車内も昔のままでした。広告まで(笑)
ただ、3000系は阪急と同じく化粧版の退色がかなり進行してましたが。
1000系、3000系のイメージしかない管理人が5000系に乗った時は、「これは神鉄とちゃう」とつい思ってしまいました(^^;

トップに戻る


(2)JR三江線宇津井駅
JR西日本一(?)のローカル線。延々と続く階段を上らなければホームにたどりつけない駅。以前から興味があったので訪問しました。
ホームに行くのにはこの階段を上らなければたどりつけません。
1日4往復しか列車は来ないので、当然ながらエレベーターというものは付いてませんorz
(左の写真) 団地の階段みたいなのを延々と上っていきます。清掃は意外なことに行き届いていて、くもの巣が張ってたりというようなことはなかったです。


(右の写真) 時刻表です。1日4往復・・・
(左)江津方面を望む (中央)ホーム中央 (右)三次方面を望む
見て分かると思いますが、トンネルにはさまれた駅です。
待合室の中に、なぜかノートが・・・
誰かが1冊置いて行ったようで、その後何冊も増えたようです。
管理人も書いてきました(^^;
こういうの見ると、つい書きたくなって(^^;

道の駅あいの土山にも同じようなノート置いていますが、つい書いてしまう(^^;
近くの道路から宇津井駅を望む。
ホームって本当に高いところにあるなあ。
宇津井駅ホームから撮影。
民家はあるにはあるのだが・・・
この辺って、高齢者多そうだし、この駅を利用するのは酷なような気がする。

ちなみに、駅周辺には、店は当然ながら一軒もありません。
(あとがき)
宇津井駅、数ヶ月前に道の駅めぐりする途中で目の前を通りました。
小学生の時、社会の教科書で習った(はず)、三江線物語というのがあって、開通するまでの苦労話です。宇津井駅は三江線が全線開通した時に出来た駅で、この駅が出来て周辺住民が喜んでいるというところでその物語は終わったのですが。
オタ以前の問題でして、何か昔を思い出してしまって、一人でこの周辺を周ることがあればぜひ訪問してみたかったのです。
意外と早く訪問できて嬉しかったです。次は鉄道で訪問します(^^; それまでに廃止しないでねm(_ _)m

トップに戻る


(3)一畑電鉄 ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅
日本一長い駅名(今のところ)の駅。たまたま車で駅前を通ったので寄ってみました。
「るいす・しー・てぃふぁにーていえんびじゅつかんまええき」と読む。
2001年4月に古江駅から改称。
「・」「.」も一文字に数えると19文字になることから日本一長い駅名となった。
日本一の座を奪われた時、書き直さなくてもいいように、しっかり「2001.4.28現在」と書いてます(笑)
駅遠景です。
無人駅です。ただ、駅前にはスーパーや、当然ながらルイス・C.ティファニー庭園美術館があり、周りに人一人いないという感じではないです。
1時間に上下1本づつしか来ない電車なのに撮影中に来たよ(^^)
2100系(元京王5000系)です。
(あとがき)
道の駅めぐりで国道431号線を通過中、一畑電鉄が並行して走ってるので気になってました。この駅の近くのルイス・C.ティファニー庭園美術館の前を通った時、そういえば長い駅名の駅があったなと思い、急遽見てみたくなって寄りました。
この鉄道、実は一度も乗ったことがありません(^^;;;また、中国地方には行くと思うので次の機会にはぜひ。

トップに戻る


(4)一畑電鉄 松江しんじ湖温泉駅
日本一長い駅名(今のところ)の隣の駅。この駅と出雲市駅の間の線を北松江線と呼んでいます。
数年前に建て替えられ、駅舎はとても近代的です。
色んな場所から撮影してみました。撮影中、電車が1本も入ってこなかったのは残念(´・ω・`)
旧駅名の入場券が売ってたので買ってみました。
ちなみに、現駅名の入場券は今のところ販売していません。
(あとがき)
ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅に寄ったついでに、行ってみました。
一畑電鉄の駅は、ここも出雲市駅も近代的な駅ですね。
10年、20年後も営業していることを祈ります。

トップに戻る




Copyright (C) 2005 イコたんの部屋っ!(イコたん) ALL Rights Reserved